しわやたるみは身近な生活習慣から作られる

普段の生活や環境からしわやたるみを考える

しわやたるみは身近な生活習慣から作られる

鏡を見る人

生活習慣を見直す

しわやたるみの原因の一つとして生活習慣の乱れが考えられます。肌のハリを作るコラーゲンやエラスチンは、線維芽細胞の指令によって生成されています。その線維芽細胞は血液から栄養をもらっているため、不規則な食生活では十分な栄養素を摂取することができません。

乾燥に備える

冬は外気、夏はクーラーによる影響で、肌は一年中乾燥しやすい状態にさらされています。肌の表面が乾燥すると水分量が減少し、ハリを支えている真皮の水分量も低下していきます。するとしわやたるみとなって肌に現れてくるのです。

表情を気にする

しわやたるみは普段の話し方や笑い方によっても影響されます。あまり顔や口を動かず話す人もいれば、よく顔や口を動かして表情を作る方もいます。左右で上がり方が違うかもしれません。自身がどの筋肉を使っているのか意識することも大切です。

普段の姿勢を意識する

携帯の画面を確認したり、パソコンで作業を行ったりする際に、猫背になっている方も多いと思います。顔は首の筋肉とも繋がっているため、猫背になると首が前に引っ張られて顔の筋肉が下がってしまいます。特に長時間同じ体勢が続くときは注意しましょう。

思いきって専門知識を持った方に相談してみよう

普段の生活を意識しても何の変化も感じられない方もいるでしょう。その場合は、エステのスタッフや美容医療従事者などに相談してみて下さい。専門ならではの豊富な知識と技術があるので、何か変化が感じられるかもしれませんよ。

しわやたるみは「老け顔」を作ってしまう

しわやたるみは積み重なると、見た目の年齢にも影響します。自分の年齢より老けて見られたいひとはあまりいないと思います。特に初対面の方と会うときは、実際の年齢より若く見られるようになりたいものですね。

広告募集中