ほうれい線対策として美容医療を考えてみる

ほうれい線対策の一つである美容医療の種類

美容医療を選ぶポイント

ほうれい線の対策として美容医療を検討する際は、そのクリニックのホームページだけでなく、実際の声も参考にしてみましょう。口コミやランキングのサイトを調べるとより自分に合った病院を考えやすくなります。

ほうれい線対策として美容医療を考えてみる

ウーマン

ヒアルロン酸などを注入する

ヒアルロン酸をほうれい線に注射し、皮膚を持ち上げる方法です。ダウンタイムは1週間ほどで、他の施術と比べて安い価格で受けることができます。個人差はありますが2.3ヶ月から一年ほど持続するようです。

専用のマシンでレーザーや高周波などを照射する

ほうれい線だけでなく、顔全体への効果も期待できるのが特徴のひとつです。ダウンタイムや費用はマシンの種類によって様々ですが、持続させるためには定期的に通う必要があります。

糸の埋め込みや切開

徐々に肌に吸収される専用の糸を埋め込んだり、耳周りなどから切開したりしてリフトアップを行う方法です。費用は比較的高いのですが、糸の施術であれば1年から2年、切開であれば10年ほど持続するようです。

広告募集中